婚カツアプリで出会った旦那とのこと~ほのぼの日常

旦那と婚カツアプリで出会い、一年の交際を得て結婚。その過程と日々の生活を綴ります

子供はどうするか。

以前の記事でも触れたと思いますが、私は妊娠出産が難しいです。

実は、自然に生理が起こらず、初めて産婦人科を受診した高校生の頃、『無月経』という診断がされました。その時はまだ高校生でいますぐ妊娠を考えるという段階ではなかったので、詳しい検査は行わず(内診検査はまだ当高校生の私にはショックだろうという判断もあったようです。)

初めて検査をしたのは二十歳の頃。無月経の理由として、女性ホルモンの分泌量が少ないこと、併せて子宮や卵巣の大きさが同年代の人の半分以下だとわかりました。
肝臓の持病と関係があるのかは分からず、それよりも身長142センチで体重が30キロ以下というのも無月経の要因だったかもしれません。

それから月経を起こさせるため女性ホルモンの薬(プレマリン、ルトラール)の服用を初め、しばらく飲み続けて無事に生理が来るようになりその薬を継続していました。

旦那と出会い、結婚を意識してから私は旦那と子供について何度も話しました。
初めて旦那に私の状況を伝え、どう思うかつっこんで聞いたとき旦那は『正直に言うとほしいよ。でも、治療するのに命に関わることがあるようなら、それは絶対に止めたい。』と言っていました。

結婚後はさらに何度も話をし、出産を経験してる同じ病気を持つ知り合いや産婦人科にも通い話を聞きました。

不妊治療の第一歩として排卵誘発剤を服用するのはどうか。副作用もあまり聞かないよ。
という情報を聞き、検討してたのですが、、


私が体調を崩し休職となっていることで、育てられる状況ではないし、余計に心身に負担がかかることは止めようということになり
(実家の母も心配し、さらに排卵誘発剤は多胎妊娠の可能性もあり、その場合私の身体では産めないだろうと言われていました。)

『もしできたら嬉しいし育てたいけど、無理に作るのは止めよう。子供ができず二人でもそういう人生も良い。』ということで意見が一致しています。

お義父さんお義母さんも私の事実は知っており、子供を産んでほしいということは一切いないのでとてもありがたい。


自然妊娠が難しいといわれていた人が妊娠したりという事例もあるみたいで、これからどうなるか分からないけれど

構えず子供ができなくても、まだまだ先の長い夫婦生活、私たちらしく楽しみたいですね。



NHKニュース等で紹介され大反響! LMOのオンライン婚活

実は男子恐怖症の時期がありました。~私の暗黒時代

小学校高学年から中学二年生までの間、私は男子からいじめのような扱いを受けることが多くなっていました。

きもい、うざいなどの陰口。
すれ違い様に少し服が触れると嫌そうに払われる。
席替えで隣の席になるとサイアクだと嘆かれ
給食の時には机をくっつけてもらえず。

クラス替えをした直後は普通に接してくれていたのですが、数ヵ月がたち、それぞれのクラスでの立ち位置が定まってきた頃から一部の男子達ー特にクラスでは目立つタイプで同じく中心的な立場にある女子達から人気もある。からそういったことをされることが増えていきました。

もちろん、彼らに何か嫌なこと、怒らせるようなことをした覚えは全くありません。
そもそも、男子と、彼らと話すこと自体ほとんどありませんでした。

いじめられる理由として考えられたのは、私が地味で暗い印象を与え、友達も少なく、自信もなくておどおどした印象を与えていたこと。見た目も小柄でとても弱くみえたんだと思います。

そんな私はとてもいじめやすかったと思います。
手を出されたり、物理的に何かを壊されたりしたことはありませんでした。酷いことをするのも男子全員という訳ではなく、一部だったと思います。
けれども、言葉の暴力は十分私の心を傷つけ、自信もどんどんなくしていきました。


特に中学二年生の頃はピークで、学校に行きたくない日々が続きました。

当時、私が信頼していた担任教師の前で『自分なんて居なくたって良い』と言う言葉を発し、本気で怒られたこともありました。


けれど、中学三年生に進級した頃、それは自然におさまっていました。
なぜか二年生の頃に酷いことをした男子も私に普通に接するようになったのです。

それでも、既に男子恐怖症になっていた私はしばらくの間、学校以外でも同年代くらいの男の子を見かけると怖くてたまらなくなり、体がびくっとして、心臓がドキドキするという反応が収まりませんでした。


男子が怖くてたまらなかった当時の私は自分に彼氏ができたり、ましてや結婚するなんて考えられませんでした。

大人になってからの恋愛でも、苦い思いをするこもはあったけれど、少なくとも一人の女性として尊重してもらえ、男性と手を繋ぎ、キスをして、深い関係をもつ、恋愛関係を築くことができ、
今ではありのままを受け止めてくれ、臆せずに我がままも言える大好きな旦那さんと過ごす毎日がとても幸せです。

『あなたは幸せになれるよ。』当時の私に言ってあげたい


NHKニュース等で紹介され大反響! LMOのオンライン婚活

趣味は違ってもかまわない

私と旦那の趣味は違っています
旦那は漫画や映画、海外ドラマ、そして麻雀が大好き。私は小説などの読書が好き。漫画は読みません。

旦那の見る漫画やドラマは戦いや宇宙もの、私の興味の外で、旦那いわく『◯◯には向いていない』『◯◯には難しい』
麻雀については『◯◯にはできないと思う。』と言われます(^-^;
映画については、昔アベンジャーズを一緒に見にいったことがあり、普段友人と一緒に見ないジャンルで新鮮さもあり、それなりに面白かったのですが、、それ以来。旦那は今では見たい映画は友人を誘って行きます。


一方、私は好きな読書をするため、一人で図書館に通い自由に本を選んできます。そして読書の話は同じ読書好きの友人を誘って情報交換をして盛り上がります。
付き合う前は旦那が私の好きな小説をわざわざ買って読んでくれたりもしましたが、今はそういうこはありません(^-^;


それぞれの好きなことはそれぞれで楽しむのが基本。相手の趣味を貶したり、けちをつけたりしないというマナーを守ればそれで良いんだと思います。

旦那が趣味に夢中で全然構ってくれないと文句をいってしまったりしますけどね😅


趣味がちがっても旦那とは沢山話をして休日は一緒に買い物や食事に出掛けます。

昔、相手の好きな歌手や音楽に疎かった私に元カレが『なんか話が噛み合わないから』とフラレてしまったという苦い思い出もありますが、別に趣味が同じでなくてもかまわない、ちゃんと一緒にいられるんですよね。

NHKニュース等で紹介され大反響! LMOのオンライン婚活

旦那の唯一の欠点

旦那の唯一の欠点。それは『好き嫌いが多いこと』

まず、トマトは嫌がって絶対に食べません。
サラダに入れられないのはもちろん、お弁当にミニトマトかま使えないのが辛いですね(^-^;

また、甘い野菜は嫌だとかぼちゃ🎃やさつまいも🍠も食べません。玉ねぎは食べますが、炒めたり、味噌汁に入れるなど甘味が出る調理法は嫌がります。
肉じゃがや親子丼などの煮物も甘味があるからか好みません。

また、生の魚が苦手でお刺身や海鮮料理を嫌がるため、外食などで一緒に食べられないのが寂しいです
回転寿司なら一緒に行きますけどね。

さらに食べにくい物は苦手なようで、手羽先や骨の多い魚は嫌がります。
魚については、一度業務スーパーで骨無しの冷凍魚を出したら、それ以降は普通の切り身は嫌がり、それしか食べません。

それにメロンやスイカ。実家が農家ということで子供の頃食べ過ぎたようで、大人になった今は口にしようとしません。

嫌いな食材も多く、また食材自体は食べられても、特定の調理法は嫌だなどもあり『面倒くさいなぁ。』と思うことも多々ありますが、ある程度は仕方ないなとあきらめています(^-^;

ただ、以前北海道でスープカレーを食べたら、カレーがもともと好きでなかった旦那が美味しさに感動したようで、家でもスープカレーを作ってほしいも旦那に頼まれて挑戦。すると気に入ってくれ、旦那の好きなメニューになりました。

また、結婚前まであまり好まなかった麻婆豆腐もおいしいといってくれるようになりました。



そんなことがこれから増えてくると嬉しいなと思います。

NHKニュース等で紹介され大反響! LMOのオンライン婚活

入籍前、ダンナは入院して手術を受けました。

入籍の半年程前のデートの帰り道、旦那から
『俺、実は手術することになって。』と言われました。突然言われた重い話に私は驚き、動揺しました。詳しく事情を聞くと
以前から鼻に違和感があって病院に行ったこと
良性だが鼻にポリープができていること
とはいえ手術で切除したほうが良いこと
一週間ほど入院が必要であること

良性だということで、ひとまず安心しましたが入院、手術の経験が全くない旦那。内心は不安だろうなという心配と、どうか手術が無事に済みますようにという思いでいっぱいでした。

当初は年内の予定だった手術は病院の都合で年明け3月にまで延期。
それでもようやく手術は実施されました。
手術当日は平日。私は会社に出勤して仕事しながらもそわそわ。時計を見て『今頃は丁度手術の時間。大丈夫だろうか』などときにしていました。

会社が終わり、旦那のことが心配な私はすぐさまライン。手術当日だから無理もないのですが、なかなか返事が来ず、私はそわそわとスマホばかり気にしていました。
ようやくラインが来たのは夜九時過ぎ。
手術は無事に終わったこと。でもまだ術後の体は辛いことが書かれていました。

週末はお見舞いに行くつもりでしたが、ちょうど年度末の繁忙期で自分が体調を崩してしまい、お見舞いには行けず、当時は何もできないことに申し訳ない思いでした。

旦那は術後、ラインのやりとりでしばらくは辛い様子を見せて、昨日は調子良くても今日は後退したり、いろいろ心配でしたが、段々と回復していって、『今日は大分楽になった!』というラインを見たときはとても嬉しく思いました。

その後無事に退院した旦那はさらに一週間会社を休んだあと、仕事復帰していきました。

今も再発を防ぐため3ヶ月に一回の定期検診にいっていますがおかげさまで大きな問題はありません。

旦那は入院当時のことを振り替えり
術後は痛いし気持ち悪いしとても辛かった
段々回復すると後は暇でたまらなかった
病院のご飯が全然おいしくなかったなどと言っていました。

そして『入籍前に手術してポリープをとってもらえて不安を抱えずに結婚できてよかった。』と言っていました。

もう入院はこりごり。二人とも健康で元気に暮らせますように。今の一番の願いです。


NHKニュース等で紹介され大反響! LMOのオンライン婚活

親友の彼氏といくつもの共通点がありました!

私には、高校時代からの親友がいます。性格は違うのですが、なぜかうまがあい今でも数ヵ月に一度は会うくらいの仲です。(苛めを受けた過去があるなど人間関係に悩み、同じような傷をもっているということもあるかもしれません)

彼女と私はお互い同じ時期に今の彼と出会い、付き合い始めました。そして同じ時期になばなの里デートをしています。

そして、なんとお互いの彼の住んでいる場所が偶然近所。一般的にはあまり名前を知られてない田舎でよくある偶然とは言えません。
年齢が五歳離れているため本人達に面識はないようでしたが、親同士は知っているそう。
私が初めて彼の親御さんと食事をしている地元の飲食店に彼女も彼の親御さんとの初顔合わせで行っています。

大好きな親友とお互いの彼のことで数々の共通点があり、それが分かったとき二人で興奮して喜びあったことを覚えています(笑)

彼女も私も過去の恋愛では、
自分のことを好きではないと分かっていてもつい連絡をしてしまい、遊びの誘いに乗ってしまう。
妻子ある人に恋をして関係をもってしまう。

彼氏ができても
彼といても息苦しく、どこかしっくりこない。
彼は自分のことをそんなに好きではないと思う
別れるべきだと頭では分かってるのに未練がある
など恋愛で満たされた経験があまりありませんでした。

しかし、共通点の多かった今度の彼とは一緒にいて無理せず自然体でいられて、もちろん性格は優しく、私も彼女も今までと違い順調にお付き合いを続けることができました。

そして私は結婚し、彼女も数ヵ月前にプロポーズを受け婚約しました。優しいけどなかなか気持ちを言えないという性格の彼女の彼の勇気を出した告白は、親友をとても喜ばせていました。

大好きな親友と共通点の多い彼とはきっとうまくいく。そんな直感が現実になったことが本当に嬉しいです。

オンライン婚活なら【ナレソメ】

披露宴の料理は試食して決めました!

披露宴で出す料理についての振り返り

シェフが作ってくれる様々なメニューを一つずつ試食して決めるという機会が打ち合わせの一つとして設けられており、旦那と二人で試食して決めました。

しかしこの試食、結婚式の費用とは別に一人一万円プラス税金がかかり、ちょっと高いんではないかというのは当時旦那と話していました。

また、試食のないフリードリンクについて、見積もりに入っているスタンダートなものはビールや烏龍茶、オレンジジュースなど数種類のメニューしかないという。プラスの料金はかかりますが、ランクを一段階アップしてもらい、女性が好む酎ハイやビーなどお酒やジュースの種類を増やしてもらいました。世知辛いですね、、

とはいえ、文句を言うわけでもなく『少量とはいえ前菜から最後のしめまで数種類ずつ食べてもらうことになるのでお腹を空かしてきてほしい。』という事前の担当者さんからの指示に従いお昼を軽くして当日の試食を迎えました。

前菜は魚を使った料理。まず驚いたのは見た目のきれいさ。野菜とソースも上品に添えられていました。比較した結果、キハダマグロに『ラヴィゴットソース』という酢、食用油、野菜のみじん切りをベースとしたソースを添えたものに決定。
お刺身が苦手でマグロも好まない旦那も好み、美味しく食べられる一品でした。

次にスープ 選んだのは安納芋を使ったポタージュ。優しい甘さで口ありもよく、スープに浮かぶはじめて食べたフォアグラの食感も気に入りました。
甘いおかずが苦手で普段はさつまいもを食べようとしない旦那も絶賛したのが驚きでした。比較として食べた宝石のようにきれいなコンソメスープもおいしかったのですが、目新しさと口当たりの良さは安納芋スープのほうが上でした。

次はメインの一つの魚料理
春の魚である鰆を使った料理は添えてあるクリームソースがとても気に入り決定。白ワインの風味も効いてて上品でした。

そしてメインのお肉料理、鶏肉、豚肉、産地の異なる牛肉もに和風、オニオン、デミグラスなど数種類のソースを併せて食べ比べたのですが、高価な牛肉はもちろん、鶏肉が思いの外美味しくて迷いましたが、やはり一番高級な牛肉を披露宴でむしろ自分が食べたいと旦那が希望し、一番高価なお肉に決定。ソースは食べ比べて一番合うと思った醤油の和風ソースにしました。

また、比較料理はないのですが魚料理の次に口直しのシャーベット、最後のしめのお茶漬けもメニュー候補としてありました。

シャーベットはやはりシャーベットなので味はそこまで美味しいものではありませんでしたが、口直しのさっぱり感があり、見た目が美しく演出の一つにもなるので採用。

しめのお茶漬けは、お茶漬けということであまり期待はしていなかったのですが、ぜいたくに鰻が使用され、山葵がほどよく効いてるそれはとてもおいしく感じられました。

そして、途中ででてきた数種類の焼きたてパンはパン好きの私には嬉しく、ふわふわでパン本来の甘さも際立ってる。お腹が許せば沢山食べたかったです(笑)

試食は事前に言われた通りお腹が大分膨れ、すべてを食べきる自信のなかった私は途中旦那に少し食べてもらったりしてましたが、試食は無事終了。試食で旦那と私の好みが大幅に異なることはなく、喧嘩になることもなく試食後の話し合いではスムーズに決めていくことができました。

式の中で、料理にはお金をかけたけれど、せっかく来てくれる人のためにやはりお料理は美味しいものを選びたい。それに私たちの選んだ式場はレストランをやっているため料理には定評がある。みんなに食べてもらえるのが楽しみでした。

また、嬉しい驚きだったことは新郎新婦となる私達は忙しなくなりがちな披露宴の最中ではなく、披露宴が全て終了した後、二人でゆっくり出来立ての料理を食べられるということ。
落ち着いて食事を味わえるこのシステムは素晴らしいし、ありがたいと思いました。


好きなコミュニティで好きな人と繋がれる【ciel】